HOME>トピックス>お祝いをもらった相手の年令や性別を考慮すること

目次

マナーを守ることが大切

もし、結婚祝いを頂いた場合には、まずは早い段階でお礼状を贈ることがマナーとして重要です。その上で考えるのが、内祝いというお返しの習慣です。結婚祝いや出産祝いなどのおめでたいことに対して、親戚や友人、それに、同僚からお祝いを頂いた場合には、その贈り物のおおよそ半分程度のお返しをするのがマナーであることを覚えておきたいところです。どれほど素敵な結婚祝いをもらったとしても、その金額より多いものを内祝いとして贈るのはマナー違反となってしまうので要注意です。お返しは1ヶ月から2ヶ月以内にはするようにしたいところです。

内祝いをする相手の年齢や性別

親戚や友人などから結婚祝いをもらったときには、内祝いをお返しとして贈る必要があります。その時に注意したいのは、相手の年令や性別をきちんと確認し、間違いがないようにすることです。特に、結婚祝いをいただくときには、様々な人からお祝いをいただくことになるかもしれません。きちんとメモを取って置かなければ、誰にどのようなものをもらったのか、わからなくなってしまいます。その上で、お返しをするときには、相手のことを考えながら一つ一つ心を込めてお返しを選ぶようにすることです。

広告募集中